HOME>トピックス>求める人材の特徴をしっかりチェックしてから応募

どんな条件があるのか

都心部を中心に複数の保育園を運営する企業からの園長求人というのが目立った情報になっています。福利厚生も充実していますが、園長候補を含め、企業方針に感銘を受けることは絶対条件です。なかでも『現場の意見』を大切にしてくれることにより、園運営に関わることも円滑に進めることができるようです。待機児童の数や保育施設の問題からも、将来安泰となる求人である印象ですが、離職率も決して低くありません。行事やイベントの準備に追われたり、シフト時間を超えての勤務などはザラにありますから、職員の数、絆なども求人条件に挙げられています。

必要とする人材

園長として、保育・指導計画の立案、環境整備など、園運営に関わる役割を担うのも特徴です。求人情報も専門求人サイトなどから収集できますが、雇用形態としては正職員になり、応募条件としては保育士資格者でなければならず、経験者の場合には、そのままエスカレーター式で園長候補として業務を補佐する立場になります。理想とする保育の追求も重要ですが、それは既存する保育施設ではムリがあり、新規開拓した新施設で叶えられます。既存の場合には、チームワークを重要視している傾向です。また、福利厚生も充実していて、保育環境の整っている海外研修(フィンランド等)にも行けるようです。

広告募集中